仙台で工場勤務者が農業に転職する長所と短所とは

仙台で工場勤務者が農業に転職すると、身体が以前よりも健康的になる、ご飯が美味しいと感じるなどが長所です。

仙台で農業に転職すると働く場所は広大な農地になるので、働いていると綺麗な空気が身体に入ってきます。そのため、工場勤務をしていた時よりも身体が健康的になっていくのは自然の流れです。

それに工場で勤務していた時は、上半身は使っても下半身はそれほど動かさなかったと想定されます。なので畑を耕したり出荷する作業をしていると、下半身が鍛えられる効果も期待できます。

ただ、腰に負担がかかる仕事が多いため、作業をする時はバンドを巻いたほうがいいです。バンドを巻けばお腹に力を入れて仕事ができるので、腰痛になりにくいです。

あと、仙台内で農作業をしていると、全身の筋肉を使うことから身体が疲労を感じるので、昼食や夕飯が以前よりも美味しく食べられます。

短所は転職をした直後は仕事のやり方がわからない、農地を耕す機械が高すぎるなどです。転職をしてすぐに自身で農業を開始すると、手に職がない状態なので仕事をしにくいです。

最初は自身で農地を保有せず、どこかの農家で働き始めるといいです。農家で仕事を教わりながら働けば、手に職を持てるだけでなく、お金を貯めることもできます。

また、農地を耕す機械は高額なので、手が届かないと考えてもおかしくないです。最初は自力で農地の開墾などをして経験を積み、その働きぶりを周囲の同業者達に見せる必要があります。

そして、周囲の農家の人達に働きが認められれば、農地を耕す機械を貸してくれます。

type転職エージェントについてはこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です